活動の様子 あしたの夢をともに実現
AshitaTomorrow

参加者の声

New York Summer Program 2018 Express Yourselfに参加して


◇アメリカの授業を体験して、授業や授業以外の様々な場で、相手の意見を受け入れ、かつ自分の意見も発表することが大切だと思いました。恥ずかしがって黙っていても何も始まらない、だから自己をもち活発的に授業を受けることで考える力やコミュニケーション能力が高まるのではと、ホーレスマンの生徒たちを見て考えされました。また、英語劇では役になりきって演技すると新しい自分が見えてくると思いましたし、とても楽しかったです。 M.K.

◇自分の英単語力の無さを痛感しました。でも「間違っても大丈夫。」という言葉に背中を押されて、自ら進んで発言することができました。4日目くらいに藤崎先生に「初日とは全然違うわね!別人みたい!」と言われたので「変われたのかな。」と嬉しくなりました。引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格を少し治せたのかもしれません。この調子で日本でも授業で発言できるようにします。英語劇では、英語で表現することが思った以上に難しく、Mia先生や藤崎先生に個別指導してもらい、何とか本番を成功させることができました。K.H./Y.O.

◇ワークショップでの活動は、今後の勉強に役立つと思いました。劇は自分自身を表現する活動でした。声が小さかったり、強調したりせずに話すと、相手に本来伝えたいことがうまく伝わらなくなってしまうので、声を大きく、強調して話すことが必要だと思いました。 T.S.

◇今回のプログラム全体を通して、思ったことは、英語力を磨くだけでなく、コミュニケーション力も磨くことが大事だということでした。K.I.

◇ホーレスマンの生徒は間違えることを恐れずに発表していて参考になりました。人前で発表することが多かったが、発表内容をホーレスマンの生徒が一緒に熱心に考えてくれて、心強かったと共に、様々な英語表現を学ぶことができました M.N.

◇ホーレスマンスクールでのワークショップやホームステイでも、日常で英語を使うことの楽しさと、自分を表現することだけでなく、米国の文化という大切なことも深く学ぶことができた気がします。今回のNY研修は、私の人生にとって大事な経験になりました。様々な人と関わったこと、異国の地にて自分自身で色々なことを見聞きしたこと。この経験を決して無駄にせず、私の人生の糧にしていきたいと強く思います。関わっていただいた全ての皆様に感謝します。S.K.

◇私がこのプログラムに参加したのは、このプログラムのテーマにあたる「Express Yourself!」を実現できるようにしたかったからです。もともと人見知りで、たとえ困っている人を見つけ、助けてあげたいと思っても行動に移せない自分がとても嫌でした。自分の周りで起こっていることに気づくという点では自信があります。しかし、行動に移せなければ意味が無い、表現することができなければなんの意味もないということに気づきこのプログラムに参加しました。1週間という短い期間でしたが、アメリカ人の積極性や私達とは違った価値観に触れることが出来ました。今回受けた大きな刺激をこれからの人生に活かしていきたいです。 F.S.

◇私は英語は好きなのですがとても苦手な教科で、英語でどう言えばいいかわからないとか、間違っていたらどうしようと考えてしまい、英語でのコミュニケーションがとても苦手でした。ですが先生やホーレスマンの皆が優しかったおかげでコミュニケーションの苦手意識も少し改善でき、間違えを恐れることも少し減りました。N.I.

◇行く前は、他の人たちと仲良くなれるか不安でしたが、日本からの参加者やホーレスマンスクールの人達と友達になれました。かれらと話しているうちに、コミュニケーション力と、英語力が向上し、自信がついた気がします。今回、自分に必要な勉強や能力のことがかなり分かったので、それを達成できるように努力して、またアメリカに行きたいです。T.O.

◇日本の学校のような堅苦しいものでなく、誰もが参加しやすいアットホームな雰囲気のクラスに、いつもより肩の力をぬいて気楽な気分で授業を受けることができました。ダンスやスチールドラム、中国語など、心から楽しめるようなカリキュラムや、ダイバーシティのような深く考えさせられる問題など、普段はあまり関わりのない内容が多く、たくさん学びました。S.K.

◇ホーレスマンスクールはどの教室もとても綺麗で、好きな外国語を選んで本格的に学習できるのは、羨ましいです。学生アシスタントは、フレンドリーに話しかけてくれたし、私の英語は片言で詰まったりもたくさんしたけれど、それでも皆が耳を傾けてくれてうれしかったです。かれらは私とほとんど年が変わらないのに、日本語がとても上手で、私も英語を頑張ろうという気持ちになりました。H.O.

◇一番印象に残ったのは早口言葉。滑舌が良くない僕は、英語だともっと噛んでしまうのかと心配していましたが、ホーレスマンの人たちが丁寧に口びるや舌の使い方を教えてくれたのでわりときれいな発音ができました。英語劇での僕の役はわりと出番が多く、セリフを何回もかみそうになったが、先生たちのアドバイスのおかげで、本番では観客の人たちが笑ってくれたし、自分なりにやりきることができました。D.K.

◇よく知っているおとぎ話を英語のセリフを覚えて演技することで、様々な言い回しを学ぶことができました。H.Y./R.S.

◇英語劇では、どうせやるなら難しい役をやろうと思いました。セリフはとても長かったのですが、先生や寮でAshitaスタッフに手伝ってもらい、沢山練習し、完璧に憶えることができました。英語でどうやって表現するかを理解できたし、自主性や協調性も学ぶことができました。R.I.

◇私は、今まで、言語や文化を学ぶためにアメリカへ留学したいと思っていました。しかし、今回のプログラムで、ホーレスマンのアシスタントのみなさんとの関わりを通して、留学で学びたいことがひとつ増えました。それは、人間性です。日本の住民はほとんど日本人ですが、アメリカには白人や黒人、アジア人など、たくさんの人種の人々が生活しています。また、ワークショップの『Diversity in USA』で学んだように、アメリカは日本よりも多文化・他宗教であり、日本よりもそれらを重んじています。アシスタントのみなさんのほとんどは、人種や文化、宗教がバラバラでしたが、どんな人に対してもそれらを理解し、受け入れようとする姿勢。そして、誰に対しても「ありがとう」「ごめんなさい」「失礼します」という言葉を忘れない心。私は、そんなアメリカ人のみなさんの温かさに、胸を打たれました。M.W.

◇学生寮はホーレスマンから近いし、とても過ごしやすかったです。夜はみんなでゲームをしたり、仲良くなれました。朝ごはんは最初はあまりなれなかったけれど、そのうち美味しく食べられるようになりました。洗濯機の使い方も心配だったけれど、やり方を教わって2回も出来たし、セキュリティもしっかり管理されていて安心でした。S.H.

◇学生寮でアメリカの朝食を知ることができましたし、食堂では英語圏ではない他の海外の他のプログラムの方々の言語が飛び交うところが特に印象的でした。わからないところもアシスタントたちが教えくださったのでとても助かりました。M.K.

◇コロンビア大学訪問は特に印象に残っています。Kawashima先生の説明やコロンビア生の案内で、たくさんの学部があることを知りました。日本の大学のオープンキャンパスとは違う刺激をもらいました。のびのびとしている大学生を見て、好きなことに打ち込むことができたら毎日新たな発見があるのだろうと思いました。ホーレスマンの卒業生が毎日本当に楽しかったと聞いて、私もそう言えるように、また本当に入りたい大学を探して入学できるように勉強に励もうと思いました。K.N.

◇放課後プログラムで特に印象に残っているのはコロンビア大学のキャンバス見学をしたことです。キャンバスには歴史深い図書館がありました。その図書館の外壁には私達が学んだことがある世界史や現代社会の教科書に記されている偉人の名前が彫られていたり、銅像が展示されていたりと、アメリカの歴史や文化に触れることができ、とても興奮しました。また大学生が、キャンパス内を細かく、かつ丁寧に紹介してくださり感謝しています。他にも、中華料理店での食事、ホーレスマンの生徒とのショッピングモール見学など、工夫を凝らした時間を設けて下さりありがとうございました。F.S.

◇ホストファミリーがSchool of Rock鑑賞に連れて行ってくれました。正直、英語はあまり理解できませんでしたが歌の上手さや劇の迫力は強く感じることでき、言語が分からなくても人々に感動や面白ささを教えてくれる力をミュージカルで感じました。また、ホストブラザーと初日にゲームをし、彼との距離が近くなったと思います。私のお土産は高価なものではないのに、本当に喜んでくれてとても嬉しく思いました。土曜日には他のホストファミリーやホーレスマン卒業生に自由の女神や911メモリアル博物館に連れてってもらい、また地下鉄などのアメリカの日常の暮らしを体験することもできました。日曜日の朝には家の周りをホストファーザーと散歩しながら話しをしました。短い時間でしたが、ひとつひとつの話はとても楽しく濃厚な時間を過ごしました。忙しいなかホームステイをさせてくれた方々には感謝しています。本当に優しい人たちに出会えてたことと出会わせてくれたAshitaの皆さん、ありがとうございました。M.K.

◇私のホストマザーはグラフィックデザイナーで部屋の壁などが芸術的でとてもびっくりしました。彼女は、滞在中ずっと私のことを気にかけてくれてたくさん話しかけてくれました。朝ごはんを一緒に作ったのは、とても嬉しかったです。また、ブロードウェイでミュージカルを見たり、ホストシスターの友達の誕生日パーティーに連れて行ってくれたりと、貴重な体験をたくさんさせてくれました。感謝で胸がいっぱいです。ホストシスターは私と同い年で、趣味も合うのでたくさん話しました。彼女は、ニューヨークの町の色々なことやホーレスマンスクールのことを教えてくれました。彼女との会話はとても有意義なものになりました。彼女の友達の誕生日パーティーでは、たくさんの人に歓迎されて、カラオケやダンスをしたり、ケーキを食べたりと素晴らしい時間を過ごしました。ホストシスターの妹は、5歳でとても元気でした。いつも明るくて私まで笑顔になりました。ホーレスマンでの劇が終わった時、彼女が花束をくれたし、また、お別れをするとき、スーツケースに入って日本に行きたい!って言ってくれてすごく嬉しかったです。素晴らしいホストファミリーにめぐり合わせていただき、本当にありがとうございます。A.T.

◇最高のホストファミリーでした。日本語が全く通じなかったので最初はすごく心配だったけれど、私の慣れない英語を優しく聞いてくれました。また、色々なところにも連れていってくれて、一緒にたくさんの思い出を作ることが出来ました。ホストシスターたちと共通した趣味もたくさんあって、初めて会ったとは思えないほど仲良くなれました。楽しすぎて、帰りたくなくなりました。これからもLINEやスカイプなどでコミュニケーションをとっていきたいです。S.H.

Express Yourself!のページへ
ページのトップへ戻る
お問い合わせ個人情報の取り扱いHOMEFacebookCopyright © Ashita-Tomorrow. All Rights Reserved.